佐野市で不動産を探すなら、住まい探しのパートナー てら岡不動産

栃木県佐野市若松町147

決済時に必要なもの

公開日:

カテゴリー: 不動産取引


決済とは、不動産の残代金を支払って所有権移転登記を行う日。

その際に必要なものは、住民票や実印、身分証明書となります。

 

その住民票は土地の取引であれば、もちろん現在の住所地のもの。

しかし、すでに完成している戸建においては基本的に新住所。つまり購入する物件の

住民票を取得することになります。

 

なんで家を買う前にそこの住所にするの??となりますが、一定の築年数の戸建であれば

登録免許税の減税を受けられるのです。そのためには、新住所で登記を行います。

しかし、何かの事情で先に移せない場合は、賃貸に住んでいる方は賃貸借契約書の提出が必要です。

持ち家の方は、家を売却活動をしているという契約書、媒介契約書を提出する必要があります。

 

市役所に対しては、引っ越しましたという体裁で手続きを行います。

住民票の移動は本来、引っ越し後に行いますからね。

 

もしも先に住所を移せなかった方で、住宅ローンを組む方は、あとで住所を移した際に

登記簿の住所も変更してということを金融機関から言われます。

この手続きは法務局で行い、専門家に頼むと1~2万円程度。自身で行えれば登録免許税のみなので安く済みます。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

不動産購入

佐野市内の不動産購入の相談は、情報量最大級のてら岡不動産へ!!

取り扱えない物件はほとんどありません。不動産ポータルサイト(at home、HOME’S、SUUMO、Yahoo!不動産など)や現地看板、他社さんのホームページなども当社でご紹介できます。

 

不動産売却

売却査定専用のホームページはコチラ↓↓↓

不動産売却査定サイト

売却に役立つコンテンツがいっぱい詰まっています。

 

LINEも利用できます

LINE@ご登録いただけば、物件探しや当社とのやり取りも簡単です♪